MENU

一緒に開拓してくれる
日本人の仲間、
オールウェイズ募集中!!

who we want | 求める人物

メディエーターが求める人材は
きちんとリスクを理解したうえで、
それでも『橋を架けたい』と思うことのできる人

僕らの周りにタイと日本の「架け橋」になりたいという人はたくさんいます。しかし、本当の意味で「橋を架けられる人」は数えるほどしかいません。
ほとんどの場面で、

  1. 1. 橋を架ける前(行動を起こす前)の状態だが、実際には行動に至ることができないでいる
  2. 2. 既に橋が架かった状態(つまり他社が着手し、リスクが解消された状態)にある
  3. 3. 駐在や旅行等の経験から「架け橋」とは言うものの、最終的なリスクまでは負えないでいる/li>

こうした状態に留まっています。
「日本とタイの架け橋になりたい」とは言うものの、その道程は決して平坦ではなく、困難さから多くの人が立ち往生を続けているのが現実なのです。

ある程度のリスクを冒した上で、
きちんとした行動を実践しないかぎり、
日本とタイの架け橋になることはできない
ということをきちんと理解できる人

行動そのものはあくまで手段でしかありません。行動の結果こそが「架け橋」です。
このことを理解できる人。「架け橋になる」という言葉の意味を正確に理解して、目標を持って目的に向けて行動に移せる人。そんな貴方と僕たちで是非、「21世紀の日タイの融合」を実現させましょう。

備考:ここに書いてある内容をお読みになり、共感をしていただけるタイ人がいらっしゃいましたら、どうぞご連絡ください。お待ちしております。

お問い合わせはこちら