MENU
2

2016.6.7

user-icon

タイ最大級の食の祭典「Thaifex 2016」開催!日本の食をタイへ!

アクセス数: 2093

日本からは62企業、10団体が参加。各社自慢の商品をタイのバイヤーへPR!

01

2016年5月25日(水)~29日(日)、タイで最大の食の祭典「Thaifex 2016」(会場IMPACT)が開催されました。今年の来場者数は約150,000万人、約1,800社4,600のブースが出展し、飲食業に携わる多くの関係者で賑わいました。※最終日の2日間は一般公開日です。

日本からも様々な企業が参加していますが、MediatorではJetro(ジェトロ|日本貿易振興機構)が運営するジャパンパビリオン(参加企業数62社、他関係団体10社)のサポートを行いました。Jetroでは、過去数回に渡りThaifexへの出展を行っており、多くの日本企業の皆様のタイ進出をサポートしています。今回のジャパンパビリオンでは、北は北海道、南は鹿児島まで、合わせて72社の日本企業、県、関係組織が参加しており、各社自慢の自社商品をタイのバイヤーへとPRしました。

2

私たちMediatorでは、飲食業関連バイヤーのジャパンパビリオンへの来場誘致、日本産食材に対する興味、関心の喚起、理解の促進を目的に、料理デモンストレーション(試食提供)の運営、及び公式Facebook(タイ語)の運用等を行いました。

日本食材を使ってオリジナル料理を提供!料理デモンストレーション

3

料理デモンストレーションでは、希望した11社の13商品を使い、3名のシェフが日本食材を使ったオリジナルの料理(12品)をその場で調理して来場客に振る舞います。日本食材は事前にシェフに提供され、Thaifexまでにレシピを検討していただきました。

ご協力いただいた3名のシェフ

01. 久保田知(タイの飲食店「無限大|MUGENDAI」シェフ)
02. ピジカー・ロージャナサタポン(フードデザイナー)
03. エカポン・ブンチュアイチュー(デュシタニカレッジ講師・シェフ)

試食提供したお料理

どの料理も大変好評でしたが、中でも、麺の代わりに玄米を使用した「パッタイ風味の卵巻き玄米焼き」は、タイ人がよく知るパッタイという名前ながら、その作り方や卵巻という珍しい食べ方、もっちりとした玄米の食感など、そのアイデアが来場者を驚かせました。また「柚子風味チーズクリームカナッペ」は、餡子と柚子の味のバランスが絶妙と非常に高い評判を得ることができました。

01. サーモンサラダ巻き(提供:センナリ株式会社|オーガニックドレッシング(玉葱、青じそ))
02. 米粒麦具沢山スープ(提供:株式会社はくばく|米粒麦)
03. 肉巻きとうもろこしご飯(提供:井村屋株式会社|とうもろこしごはんの素)
04. 柚子風味チーズクリームカナッペ(提供:佐藤食品工業株式会社|まるごとゆずパウダー)
05. 青のり若布混ぜご飯(提供:堂本食品株式会社|青のり若布入り)
06. エビと混合野菜のスパイシースープうどん(提供:株式会社多田フィロソフィ|藻塩、だし、うどん(乾麺))
07. サーモン・キャビアのタイ風スパイシーカルパッチョ(提供:株式会社鈴木水産| キャビア(ハタハタ卵))
08. ソフトスチーム玄米(Oh!Musubi!)おにぎり(提供:ソフトスチーム玄米(Oh!Musubi!)|株式会社新倉)
09. 焼肉とタイスタイルのスパイシーたれ(提供:大吉商店株式会社|近江牛ロース、近江牛イチボ)
10. タイ定番メニューのパッタイ(タイ風焼きそば)風味の卵巻き玄米焼き飯(提供:株式会社新倉|ソフトスチーム玄米)
11. 抹茶のタイスタイル蒸しカップケーキ(提供:株式会社南山園|西尾の抹茶)
12. サイコロステーキ(提供:ステラトレーディング株式会社|A5黒毛和牛、F1和牛)

公式Youtube Channel(タイ語)

4

日本の商品をタイ語で紹介!「Thaifex 2016」公式Facebookの運営

公式Facebookでは、出展される日本食材についてタイ人にも分かりやすく紹介文を書く必要があります。日本食材について基本的な知識を持つ日本人にPRするのとは違うため、説明文には工夫や検討が必要になります。外国語への翻訳、外国人への情報提供を前提とした説明資料の作成などには、日本という国や土地の特徴を知らない人にも分かるように、翻訳者への情報提供という意味合いでも、多くの情報を記載することをお勧めします。※こちらのFacebookページは6月30日(木)まで運用しています。

公式Facebook(タイ語)

「Thaifex 2016」Jetroジャパンパビリオンの写真

5

料理デモンストレーションには多くの来場者やメディが集まりました。

6

試食の感想はいかが?

7

来場者に自社商品のPR!

9

日本の海産物、生鮮食品も!

10

じわじわとタイでも認知が広がり始めた柚子商品も豊富です。

12

シェフによる解説を交えながらの実演です。

11

用意した試食は毎回50食。ですが、一瞬で終わってしまうほど人気です!

14

まずは笑顔でコミュニケーションスタートです♪

タイ市場にどう伝えるか?展示会出展から見えてくるタイ進出のヒント!

日本食や日本食材の普及に伴い、代表的な商品はタイ人に認知され始めている昨今ですが、まだまだ知られていない食材も数多くあります。一方で、現地生産などで価格を落とした競合商品、類似商品も増えているのも事実です。

展示会はタイのバイヤーへPRする絶好の機会となりますが、その伝え方には様々な工夫が必要です。味もさることながら、その商品の取り扱い方法、調理方法のバリエーション、パッケージなどの見た目や生産される土地の背景、また、日本での実績などを伝えていく必要があります。そして、それらの情報を相手に伝わりやすいようにタイ語や英語に翻訳します。3日間の展示期間で、来場者の反応を見ながら試食提供の方法や調理の味付けを変えた参加企業様もいます。

自社商品の魅力をどう伝えるか?そして、タイという土地にどう馴染ませていくか?各社の工夫と挑戦が垣間見えた展示会となりました。

13

Thaifex 2016 Japanpavilion の様子はこちらから!

公式Facebook(タイ語):https://www.facebook.com/Thaifex.JapanPavilion
公式Youtube Channel(タイ語):https://www.youtube.com/channel/UCobYEdIgxzWGEQORI7B1ytA

Because blacks, intellectuals, big essayclick.net city machines, and southerners favored these relief programs, they merged with the democratic party