MENU
pimpakarn,kantatorn

2018.1.29

user-icon

僕の右腕 前編

アクセス数: 2080

彼女がいなかったらいまのメディエーターはない

僕にはいま、力強い相棒がたくさんいます。

社内にも社外にも、タイにも日本にも、僕をサポートし、応援し、ありがたい助言をくれる仲間がたくさんいます。

なかでも、メディエーターの創業当時からずっと僕の右腕であり続けてくれている存在がオーちゃんです。

彼女がいなかったらいまの僕はないし、メディエーターもない。それほどまでに僕を支えメディエーターを支えてきた頼りになる相棒、オーちゃんについて、今日はお話したいと思います。

オーちゃんと知り合ったのは、僕が在京タイ王国大使館に勤めていた時代です。彼女は僕の同僚でした。

大使館で働くタイ人女性は2通りに分かれます。日本人男性と結婚したタイ人か、日本の大学を出て大使館に勤め、いずれはタイに戻る、と決めているタイ人か。その2つです。

オーちゃんは後者。その働きぶりは大使館の中でも群を抜いていました。

彼女なら安心して仕事を任せられる

pimpakarn

オーちゃんは日本を訪れるタイの要人のアテンドを担当していました。首相や大臣、それから王室関係の方々です。

シリントーン王女のアテンドを受け持ったこともあれば、現国王であるワチラーロンコーン皇太子のアテンドを担当したこともあります。超VIPの方々ですから失敗は許されません。

綿密な計画を立て、きっちりと段だりを行い、慎重に業務を遂行する必要がありますが、僕は彼女といっしょの仕事で不安を感じたことがありません。

なぜか。

オーちゃんだからです。

彼女は業務を完璧に理解し、目標の立て方、仕事の進め方を熟知していました。与えられた役割を安心して任せられる。彼女にお願いすれば間違いない。仕事はほぼ成功したも同然。

僕は彼女に対して全幅の信頼を置いていました。

目配り、気配り、心配りの達人

オーちゃんはチュラロンコン大学で日本語を学び、大阪大学の大学院を出た後、大使館で働き始めました。

彼女がすごい点は、目配り、気配り、心配りの3つに長けている点です。

この3つの違いがわかりますか?

もちろん僕も日本で働きだしてから学んだことですが、同じことのように見えて、この3つが意味するところは全部違うんですね。

目配りは、細かいところまで目を向けて、その状態や様子をしっかりと確認することをいいます。気配りとは、相手の気配やその場の雰囲気を感じ取った上で、アクションを起こすこと。心配りも気配りと似ていますが、気配りのさらに上を行くというか、一歩進んだ配慮です。相手の立場や心情を推察し、想像した上で先回して行動しなければなりません。

この3つをこなすのは日本人でも難しいと思います。

でもオーちゃんはそれができていた。僕が彼女を心から信頼している理由の1つです。

先に退職する彼女を見送った日

僕は大使館に5年勤務しましたが、オーちゃんはそれよりも早く退職をし、京都にあるシュークリームの会社に転職しました。

彼女のことだから、どこにいっても実力を発揮して、元気に働いていくに違いない。ばりばりと自分の道を切り開いていくだろう。

そう思いながらオーちゃんを見送った僕も、2008年に5年間勤めた大使館を退職し、タイに戻りました。

帰国後の僕の仕事については、「なぜ僕は日本とタイをつなぐプラットフォームを目指すのか 後編」の回でお話しましたが、僕は当時、フリーランスで仕事をしていました。仕事はありがたいことにたくさんいただきました。お金はなかったですが(笑)。

強力なパートナーが必要だ

kantatorn,pimpakarn2

オーちゃんから連絡があったのは、僕が大使館を辞めた1年後のこと。彼女もタイに戻ってきたというではないですか。

それからすぐに二人でいっしょに仕事をした、と言いたいところですが、現実は彼女は彼女で、僕が信頼している日本人の仕事を手伝っていました。近いところに居ながらも、いっしょの仕事をしていたわけではありません。

しかし、ツルハドラッグがタイに進出することになり、僕がその一大プロジェクトに本格的に携わることが決定したとき、僕は考えました。

これほどの仕事となると僕一人では無理だ。強力なパートナーがいる。

誰がいる?
オーちゃんしかいない。

僕とオーちゃんの二人三脚はこうしてスタートしたのです。

mediatorのすべて」とは?

このブログは、「日本とタイをつなぐプラットフォームになりたい」その思いのもとmediatorを立ち上げた代表のガンタトーンが過去を振り返り、現在をどう過ごし、未来をどう形にしていくのか…今の気持ちを素直に表現したブログです。これまでの記事は、こちら(mediatorのすべて)よりご覧になれます。
ガンタトーン ワンナワス:在日経験通算15年。2004年埼玉大学工学部卒業後、在京タイ王国大使館工業部へ入館。タイ国の王室関係者や省庁関係者のアテンドや通訳を行い、タイ帰国後の2009年に MEDIATOR CO., LTD. を設立。日本貿易振興機構(JETRO)や福岡県などの日本政府機関、地方自治体の仕事を請け負う他、JETRO海外コーディネーターや中小企業基盤整備機構国際化支援アドバイザー等、日本の6つの組織でアドバイザーとして日本企業をサポートしている。日本語能力は、日本語能力検定(JLPT)にて最高レベルのN1保持者、ビジネス日本語検定(BJT/2016年)にて東南アジア最高得点を獲得。
What’s your www.spyappsinsider.com/mobistealth/ favorite text expansion utility