MENU
_MG_3279

2015.11.1

user-icon

ゴクリ・・血の気が引くほど恐ろしく美しい・・バンコクのハロウィンナイトに潜入

アクセス数: 2121

2015年10月30日
妖艶な月がぼんやりと見え隠れするバンコクの夜。

311621_10150981438800969_1643355316_n

バンコクの日暮れもめっきりと早くなってきました。
夜長の訪れは雨期の終わりを告げるシグナル、タイの冬と呼ばれる季節の到来を意味します。

暦の上では、ケルト人にとっての1年の終わり、夏の終わりを告げる意味合いをもつハロウィン。
すっかり秋めいた日本の気候に比べて、タイの方が本来的な季節感では近いのかもしれません。

_MG_2936

ハロウィン。
宗教的には秋の収穫を祝い、祖先の霊を迎えると同時に、悪霊や魔女を追い返すために仮装するとされる祭り。

「渋谷ではお金と時間がかけられたであろう予想を越えるコスプレが拝見できる日」

「普段コスプレ厳禁のディズニーランドで、フル仮装ができる特別な日(正確には期間)」

もはや日本でのハロウィンは「半合法的に変身願望を叶えてくれる日」
(周りの人に迷惑をかけないという前提)

そんなハロウィンイベントの経済効果は1100億円。バレンタインデー(1080億円)を上回りクリスマス(6740億円)に次ぐ経済効果があったといわれております。※数値は2014年のもの

昨今の日本での異様なまでの盛り上がり具合に警鐘を鳴らす人たちもいる中、タイのバンコクでのハロウィンという行事に対する認識をざっくりと皆さんにお伝えしたいと思います。

タイのハロウィーンの様子をご紹介

カメラマンのメークくんからの情報でバンコク中心部セントラル・ワールドの一階で盛大なハロウィンパーティーが30日、31日の2日間に渡って開催されるというので同行させてもらいました。

10月30日午後6時 イベント会場に到着

_MG_2946

イベント会場はセントラルワールド一階のGROOVEと呼ばれるゾーンの中央イベント会場

中央のステージを囲むようにシックなバーやパブがあります。

_MG_2942 _MG_2939

イベント名は・・

_MG_2932

ゾンビ・ビレッジ
果たしてどのようなハロウィン・パーティーが繰り広げられるのでしょうか?

午後7時

仮装したタイの俳優・女優が次々と登場

_MG_3000

_MG_3037

_MG_3051

_MG_3160

ご存知の方も多いかもしれませんが、タイにはあだ名以上本名以下のセカンドネームが存在します。俳優・女優さんも基本的にセカンドネームを利用した方が多いのが特徴です。
(あだ名の例、動物系=ミー(熊)、チャーン(象)、プラームック(イカ)、ムー(豚)
  フルーツ系=ソム(オレンジ)、テンモー(スイカ)、アップン(リンゴ)など)
※BSのメンバーに俳優さんたちの名前を尋ねたところ「名前まではちょっと・・」とのこと

午後7時30分

当イベントの協賛企業であるワコールさんによるハロウィン・モデルショーがスタート

_MG_3249 _MG_3263

ムキムキのフランケンシュタインが登場したり


_MG_3315 _MG_3296

2メートルはあろうかと思われる薄着の魔女が現れたり

午後8時半

いつのまにかラッパーによるライブが始まりイベントは終了。


「あれ、もう終わり?」と思いながら周りを見渡したところ、仮装している人がタレントとパブの店員さん以外にほとんど見当たりません。
無料でサービスが行われているフェイスペインティングをした人がちらほらいるばかり。

_MG_3008

前日ということでみなさん、遠慮しているのでしょうか?
ちょっとタイ人に聞いてみましょう。

タイのハロウィンについてタイ人に聞いてみた

タイではハロウィンの日にコスプレはしないのですか?

_MG_2924

「ほとんどしないよ」

タイ人の間でハロウィン時期に一般人が参加する大規模な仮装イベントはないのですか?

_MG_2925

「ほとんどないよ、みんな仲のいいメンバーで小ぢんまりと小さなパーティーを開くのさ。周りの人に迷惑をかけるのはいやだからね。」

タイでハロウィンという行事にどの程度の経済効果がありますか?

_MG_2927

「ほとんどないよ。強いて言うなら、お酒がいつもより売れて、警察が(取締りの賄賂で)儲かる日(笑)。
月末だからイベントがなくても一緒にいたい人と一緒にお酒を飲むだろうし、ハロウィンがなくてもあまり変わらないと思う」


まとめ

「非日常的な感覚を与えてくれる日本のハロウィン」「日常の延長線にあるタイのハロウィン」「未知との遭遇をもたらす日本のハロウィン」「普段の生活にスパイスの効果をもたらすタイのハロウィン」
※あくまで都市部でのイベント受容の仕方に限定された見解であることをご了承ください。

外来行事に対する受容の仕方、距離感が国家間、国内、時と場所によって異なり、変容していくのは興味深いですね。

_MG_3469

「2015年も残すはあと2ヶ月、頑張っていきましょ!」